iPhoneが故障!修理前にやってはいけないこと

iPhoneが故障した際に、修理に出す前にやってはいけないこと。 - iPhoneが水没!修理前にやってはいけないこと3つ

iPhone修理店舗情報

アーカイブ

iPhoneが水没!修理前にやってはいけないこと3つ

utktd
「突然の大雨でiPhoneを濡らしてしまった!」
「うっかりトイレやお風呂に落としてしまった…」
日常生活で、iPhoneを誤って水没させてしまったとき、「電源は入るか?タッチパネルは操作できるか?」といった動作確認をしようと試みる人も多くいますが、実は、その行動がiPhoneをますます再起不能にさせてしまっているかもしれません。
そんなデリケートなiPhoneの、「水没時にやってはいけない3つの確認」について詳しくご紹介いたします!

水を外に出そうとiPhoneを振る

中に入ってしまった水をなんとか出そうとiPhoneをぶんぶん振ってしまうのは、水を出すどころか水の浸食を広げてしまっているだけです。この方法は水害の範囲がただ広まってしまうだけなので、水没したiPhoneを一通り拭き終わったらできるだけ涼しく水平な場所に置いておき、くれぐれも振らないようにしましょう。

電源を入れる

iPhoneが水没したときにもっともやってしまいがちなのがこれ。スマホの動作で1番わかりやすく生存確認ができるため、電源を入れようと何度も電源ボタンを長押ししてしまう気持ちはわかりますが、この動作は瀕死のiPhoneにとどめの一撃をくらわせているのと同じことです。
通電や漏電で内部ショートや腐食の原因になりますので、電源を落としたままそっとしておきましょう。

ドライヤーで乾かす

こたつやドライヤーなど、電熱家電での温風でiPhoneの中に入り込んだ水分を蒸発させようとする人もいますが、これもNGな行動です。実際にドライヤーでiPhoneを乾かして復活したという例もありますが、それは都市伝説で、この方法だったからというわけではなく元々内部にまで浸水がいかなかったため復活しただけの話です。
ドライヤーなどで過剰な熱風を送り込むことで内部パーツの化学反応が起こり、浸食や腐食の元になります。また、変形の原因にもなり得るため、電熱家電の使用はやめましょう。
とっさのできごとで慌てて動作確認をしてしまうのもわかりますが、1番良いのは「何もしないで直ちに修理ショップに行くこと」です。再起不能になってしまったら元も子もありません。こういった確認はしないようくれぐれも気を付けましょう!
iPhoneが故障してしまったときや不具合を感じた時には、まず最初に、自分が契約しているキャリアの補償サービスを確認してみましょう。
iPhoneにはAppleの補償サポートというものがありますが、各キャリアにもiPhone向けの修理サポートサービスがあります。iPhoneの契約時にそれらに加入していれば、すぐに修理・交換をしてくれますので、今のうちに調べておくのがオススメ!
今回は、各キャリアの補償サービス内容をくわしくご紹介いたします!

iPhoneの「補償サポート」って?

AppleにはAppleCare・AppleCare+といった補償サービスがあります。しかし、うっかりそれらに加入していない場合、修理代金や再起不能になったiPhoneの機種変更などはすべて自己負担となってしまいます。
qwkiuyf
ですが、iPhoneは各キャリアの補償サポートにも加入することができるため、AppleCareなどの専用サポートにもし加入していなくても、自分が契約しているキャリアの修理サポートに加入していれば、修理・交換に関しての割引サービスが受けられます。

修理サービスの内容ってどんなの?

iPhoneと1番ゆかりがあるのがAppleの修理サポート「AppleCare」「AppleCare+」ですが、これをauのスマートパス会員で加入している場合は、2年間の間なら2回まで実質0円でiPhone修理ができます。
また、ソフトバンクには、「あんしん保証パック(i)プラス」といって、修理になったときには代金が月々の支払から割引されるというサービスがあります。
Docomoの「ケータイ補償サービスfor iPhone & iPad」は、1年間の間であれば2回まで7,500円で修理が可能です。(iPhone 6s/6s Plusの場合のみ、10,000円での修理)
故障や不具合はある日突然起こってしまうもの。そういったときに安心できる補償サービスがあればとても便利です。修理や機種変更などの自己負担はとてもコストリスクがかかりますので、月額で安心を買うことをオススメします!
iPhone修理について
■iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」
■http://mobilephoneprotector.jp/

更新情報